結婚相手を選ぶ上で大事なこと

結婚は他人だった二人がひとつ屋根の下で暮らすことになるので、お互いの事をよく理解した上で、運命の相手を選ぶ必要があります。

 

結婚後に相手の悪いところが見えたりして、関係が悪化する場合があるので、結婚は理想や思い込みでするものではなく、冷静に相手のことを把握し、良い面や悪い面も含めて好きになることが大事です。

 

そのためには、結婚前にお付き合いする期間を長くもつことが大事です。短い期間付き合っただけで結婚をする人もいますが、期間が短いと相手の知らないことも多いはずです。

 

結婚相手を選ぶ上で、お互いが自然体でいられることが大事だと感じます。出会って間もないころは、気持ちが高ぶりドキドキする感情が高いですが、長い年月が経つと落ち着いてきます。一緒にいることが苦にならないような、落ち着き癒される関係が理想だと思います。自然体でいられれば、ストレスもなく協力し合ってよい関係が続きます。